三重のサークル紹介

ギターサークル・サルビア(四日市)

ココロで奏でるギター合奏

ある日の練習日。なやプラザ小音楽室からギターの美しい音色が流れていました。WIサルビアのメンバー15人ほどの演奏は、まるで混声合唱のようにそれぞれのパートが溶け合い、一つのハーモニーとなって響いていました。「やさしい曲を、心を合わせて合奏することがモットー」と、ギターサークル・サルビア代表の伊藤さんはいいます。このサークルの歴史は長く、創立は1983年。結婚後、演奏から遠ざかっていた伊藤さんが演奏活動の再開を目指して、同じような気持ちの人を募ったのが始まり。当初、5名ほどの女性グループでしたが、新聞やテレビで紹介されたこともあって徐々にメンバーが増え、今では四日市の2グループと菰野町のグループを合わせて35名ほどの所帯に。コンサートのほか、各地のイベント、他グループとの交流会はもちろん、デイサービス施設などでのボランティア演奏も行うなど、活発な演奏活動を行っています。クラシックをはじめ、ポピュラーや童謡など、レパートリーも多彩。ギターでのハーモニーを楽しんでいます。

「やさしい曲を、心を合わせて合奏する」ギターサークル・サルビアの皆さん

  • 美しいハーモニーを生み出す練習風景

  • 繊細な指の動きもレッスンで習得

  • 練習の合間に笑顔がこぼれる楽しい雰囲気

  • 曲が終わるとメンバー同士でアドバイス

  • 各地でコンサートも開催

  • デイケア施設などもギターで慰問

  • 「川の流れのように」など、みんなが知っているような曲もレパートリーの一つ

  • 創立30周年記念コンサート(2014年10月)

  • グループ内でいくつかのユニットも誕生

三重県四日市市ギターサークル・サルビア

  • 創立:1983年
  • 会員数:約35名
  • 代表:伊藤房子さん
  • 活動日:
    GCサルビア 金10:30~12:00
    WIサルビア 水13:00~14:30
    KGサルビア 火14:00~15:30
  • 連絡先:http://www.gc-salvia.net/
  • 活動場所:
    四日市市なやプラザ(GCサルビア・WIサルビア)
    菰野町農村環境改善センター(KGサルビア)