三重のサークル紹介

劇団 員弁川(東員)

見せる喜び 演じる楽しみ

劇団創立のきっかけは、平成10年に当地の偉人野村増右衛門を主人公とした郷土史劇「流れの岸辺~野村増右衛門伝」の公演。翌年、「演劇の『火』を灯し続けよう」と、この時のメンバーを中心に有志が集い東員演劇サークルを結成。以来、郷土史作品や家族をテーマとしたドラマの上演を続けています。平成21年には「三重県文化賞新人賞」を受賞。定期公演では700人以上もの観客を動員するなど、精力的な活動で地域に親しまれています。代表の川村さんは、「演劇を通して共感や感動を届け、生きる力になれば嬉しい」と、話します。毎年、大ホールで行う定期公演のほか、平成20年からは「依頼があればどこへでもでかける出前公演」も実施。30分ほどの寸劇や舞踊、マジックなど、敬老会や福祉施設などでも年間20数回。正式なメンバーは高校生から80歳まで15人ほどですが、他にも10名ほどの応援スタッフが公演を支えています。「やっぱりお客さんの喜んでくださる顔がいちばん」「自分たちも楽しい」。真剣な稽古の合間に見せる家族的なメンバーの笑顔がとても印象的でした。

「共感や感動を届けたい」という熱い思いで演じるメンバーの皆さん

  • 平成28年第23回定期公演『沈黙亭のあかり』より

  • 真剣な稽古風景

  • 同じ演目も演出を工夫して稽古

  • 立ち回りもいきいきとこなすメンバー

  • 恋人や敵役など…。さまざまな役を演じる楽しみ

  • 稽古の合間に笑顔をみせる皆さん

  • 出前公演の人気演目「森の石松」

  • 歌謡ショーも人気演目の一つ

  • 迫真の剣劇で会場を沸かせています

三重県東員町劇団 員弁川

  • 創立:1999年
  • 会員数:約15名
  • 代表:川村光男さん
  • 活動日:毎週火・木・土曜日 19:00~21:00
  • 連絡先:0594-76-2133、090-8150-4339(川村さん)
  • 活動場所:旧JAみえきた稲部店