三重のサークル紹介

麻の葉クラブ(いなべ)

「もったいない」の精神で楽しむつるし飾りづくり

12月のある日、作業する手を動かしながら、世間話に花が咲く会議室。楽しそうな雰囲気の中、「麻の葉クラブ」の皆さんがつくっているのは、来年のひな祭りに彩りを添える「つるし飾り」。干支の酉はもちろん、牡丹などの花、お茶摘みの様子などを表現する飾りの数々は、まさに空間芸術の素晴らしさ。代表の太田さんは、「毎年、地域の古民家である月遅れのひな祭り『雛のつるし飾りまつり』に合わせ、さまざまなテーマで製作しています」と、話します。細かい作業に「肩がこるけど、それ以上に楽しい」「生きがいです」と、30代から90歳までのメンバーの皆さん。材料となる布地は着物や洋服の古着を再活用。「もったいないの精神も受け継いでいきたいと」と、いいます。会の楽しみの一つがみんなで食べるランチ。毎回、どの店に行こうかという相談も楽しみとか。例年、4月3日~9日まで開催する『雛のつるし飾りまつり』は、地域の風物詩の一つとして定着。毎年、多くの人を集めています。多くの人の笑顔を思い浮かべながら皆さん、針を進めていました。

子どもの健やかな成長を願う「麻の葉」模様のおそろいのエプロンがユニフォーム

  • 家に眠る古着などの生地を細かい作業で再活用

  • 物語を表現しながら進める作品づくり

  • 少しずつ、作品を仕上げていきます

  • 「雛のつるし飾りまつり」を彩る木目込人形

  • 世間話をしながらの作業も楽しそう

  • 干支の酉に藤をあしらった飾り

  • いなべの春の風物詩、「雛のつるし飾りまつり」

  • 桜の花と飾りのコラボレーションで春を表現

  • 立体的な飾りで人気の「雛のつるし飾りまつり」

三重県いなべ市麻の葉クラブ

  • 創立:1989年
  • 会員数:17名
  • 代表:太田幸子さん
  • 活動日:第1・第3木曜日 9:30~15:00
  • 連絡先:0594-78-3986(JAみえきた員弁地域女性部手芸教室)
  • 活動場所:JAみえきた笠田支店