三重のサークル紹介

三重県スポーツ吹矢協会 津中央支部(津)

健康増進に役立つ注目の新スポーツ

長い筒に矢を入れ、5~10m先の的に向かって息の力で矢を飛ばす――これが、スポーツ吹矢。ゆっくりと息を吐き出し、大きく吸い込んで息を止め、筒の矢を放つために息を思い切り吐き出すことで健康増進に効果的といわれる腹式呼吸ができ、激しい運動も伴わないことから子どもや高齢者はもちろん、障害をもつ人でも簡単にできる新スポーツとして近年注目を集めています。日本古来の吹き矢を用具やルールが統一され、ゲーム感覚で楽しむことができます。また、カーボンやグラスファイバー製の筒や薄いビニールフィルムを円錐状に巻き先端に頭の丸い釘を差し込んだ矢など、誰でも安全に楽しめるようになっています。皆さん、「的に当たったときの快感が何よりの魅力」と練習に励んでいます。他の武道と同じく、5級から6段までの段位認定や大会も開催され、「礼に始まり、礼に終わる」所作も定められています。「姿勢が良くなって、肩こりも楽になった」「吹き矢も楽しいけど、ここでおしゃべりするのが楽しみ」という皆さん。健康増進と的中の快感を求めて、世代を超えて楽しんでいました。

13歳から80代まで幅広い人たちが楽しめるスポーツ吹矢

  • 練習の前にみんなで準備体操

  • 的に一礼して競技開始

  • 的を狙い集中

  • 和気あいあい楽しい雰囲気も魅力

  • 的は約27㎝の大きさ。中心の直径3cmの円が最高点の7点

  • 1ラウンド5回矢を放ち合計点を競います

  • ビニールフィルム製の矢も安全

三重県津市三重県スポーツ吹矢協会 津中央支部

  • 創立:2008年
  • 会員数:約40名
  • 活動日:第1・3日曜日 13:30~16:00
  • 支部長:西川稔さん
  • 連絡先:090-3568-9257(西川さん)
  • 活動場所:津西部市民センター