三重のサークル紹介

NPO 大紀町日本一のふるさと村(大紀)

ふるさとの素晴らしさを伝え地域交流の核となる活動

緑豊かな自然に抱かれる山里、大紀町。「大紀町日本一のふるさと村」は、昔ながらの釜戸のある古民家での1日1組限定の宿泊のほか、地域の豊かな自然や食材を活用したさまざまな体験プログラムを提供。宿泊棟の隣には、釜戸で炊いたご飯に三重県産小麦を練り込んだ大紀ブランド認定の「釜戸炊きご飯パン」をつくるパン工房「MaんMaパン」も運営。週に3日程度、子育て中のママを中心に製造販売を行っています。「老いても住み慣れた土地でいきいきと暮らしたいという地域の人と、懐かしい農村でリフレッシュしたいという地域外の人が交流する場でありたい」と、村長(理事長)とともに切り盛りする女将の瀬古由起子さんは「ふるさと村」の思いを語ります。農家体験民宿を始めて10年。2010年には、地域を元気にしようとNPO法人になり、全国に450人ほどのサポーター会員が支援。宿泊やイベントなど年間約1800人もの人が訪れ、海外からの訪問客も少なくないといいます。「これから、食育や自然体験など、プログラムを拡充させ、地域が元気になるようにしていきたい」。地域の素晴らしさを発信する瀬古さんの夢はさらに膨らんでいます。

1日1組限定、バリアフリー仕様の農家民宿。奥が人気のパン工房

  • 昔ながらの“おくどさん”の体験

  • 釜戸炊きご飯を使ったパンづくり体験

  • モチモチの食感で大人気の釜戸炊きパン

  • ふるさと村のイチゴを使ってのケーキづくり

  • 地域の豊かな自然を体験(川遊び)

  • 野菜の収穫体験

  • 稲の収穫を体験

  • 芋掘り体験

  • 地域の人も集まって餅つき

三重県大紀町NPO 大紀町日本一のふるさと村

  • 創立:2010年
  • 村長(理事長):瀬古悦生さん 女将(副理事長):由起子さん
  • 連絡先:0598-87-1500
  • 住所:大紀町金輪974-2