三重のサークル紹介

ふるさとを美しくする会(熊野)

健康増進に役立つ注目の新スポーツ

世界遺産にも指定されている熊野市七里御浜。「浜街道」は、古くは波打ち際の道でしたが、江戸時代には海岸防風林のなかに整備され、現在も熊野古道を歩く人はもちろん、地元の人々の散歩コースとしても親しまれています。そんな歴史ある道でしたが、10年ほど前までは、下草や朽ちた木々が散在する薄暗い荒れた道だったといいます。そんな道をきれいにしようと立ち上がったのが、この会の代表、山川さん。10年ほど前「隣町で防風林をきれいにした町民の姿を見て刺激を受けた」という山川さんは、趣味の山登りのメンバーに声をかけ早速行動を開始しました。「古道だからきれいにするのではなく、自分が暮らすまちをきれいにしたいだけ」という山川さんたちは、チェーンソウや草刈り機を持ち寄り、ゴミを拾い、下草を刈り、倒木を除去するなどの活動を続けています。その結果、道の見通しがよくなり、歩く人が多くなったそうです。「きれいにしてくれてありがとう」そんな言葉が一番のやりがいだという山川さんたちの活動は、世界遺産保全にもつながっています。

世界遺産「七里御浜」かつて「浜街道」と呼ばれました波打ち際

  • 山川さんの活動に山登り仲間が賛同

  • 活動は毎月1回、第4日曜日

  • ゴミを拾い、下草を刈って道を整備

  • 毎回15人程度のメンバーが参加して活動

  • 地元の人からも感謝される地道な作業

  • 草刈り機も持ち寄って作業

  • メンバーの楽しみ、活動後のひと時

  • 「地元をきれいにしたい」という代表の山川さん

  • 活動日以外にも活動する山川さん

三重県熊野市ふるさとを美しくする会

  • 創立:2008年
  • 会員数:15名
  • 活動日:第4日曜日 8:00~12:00
  • 代表:山川治雄さん
  • 連絡先:山川さん(0597-89-2138)