三重のサークル紹介

NPO法人 Shining(鈴鹿)

子どもたちに夢を 地域に恩返しを

子どもたちも料理を手伝い、大人も子どもも楽しみながら一緒に食べる。「鈴鹿子ども食堂 りんごの家」のイベントの様子。親子連れや地域の人たちなど、20数人が集まり毎月1回第3土曜日に開催しています。このイベントを企画開催した『Shining』理事長の岡田さんは、もともとタイで貧しい子どもたちを支援する活動を行っていた人。「日本でも多くの子どもたちに支援が必要」という知人の言葉から、自分を育ててくれた地域への恩返しも兼ねて活動を始めたといいます。こども食堂のほかにも、子どもイベントの企画、運営、食を学ぶ食養教室や筆文字のよさを伝える伝統文化教室、介護予防講座など、盛りだくさんの活動を展開中。自ら心理カウンセラー、介護支援専門員でもある岡田さんの出張イベントやセミナーも実施しています。「こども食堂とか、イベントなどにとらわれるのではなく、基本は子どもたちの居場所をつくること。親子や地域とのコミュニケーションを円滑にすることが目的。そうやってネットワークを広げていきたい」と、岡田さん。子どもたちへの熱い思いが活動を支えています。

託児所の先生に無添加の玄米ポン菓子を寄付する岡田理事長(左)と松本副理事

  • 子どもたちも参加してケーキづくり

  • 親子がコミュニケーションできる場所づくりをめざして

  • 筆文字の伝統文化も伝えています

  • 桑名市の九華公園を飾る手づくり灯籠を作成

  • 子どもたちを一緒に楽しむ時間づくりも

  • 子どもたちにさまざまな体験の機会を

  • 一緒に料理して親子でふれあい

  • みんなで一緒に楽しく食事して交流

  • 大人も子どもも世代を超えて交流

三重県鈴鹿市NPO法人 Shining

  • 創立:2014年
  • 会員数:15名
  • 活動日:第3土曜日
  • 代表:岡田聖子さん
  • 連絡先:岡田さん(090-6647-1011)