三重のサークル紹介

バドミントンサークル『シャトルズ』(尾鷲)

気軽に楽しむ趣味のサークル

サークル結成のきっかけは40年ほど前のバドミントン教室だったといいます。当時、転勤などで尾鷲に引っ越してくる人も多く、そんな人たちと地元の人たちと一緒に楽しみ、小さな子ども連れでも誰かが子どもの面倒を見ることで、子育てをサポートし、尾鷲の良さも知ってもらおうという狙いもあったといいます。教室はその後、『シャトルズ』として活動を続けていますが、「誰が来てもウエルカム。とにかく楽しくバドミントンを楽しむ」という基本姿勢はずっと守られています。「バドミントンより、毎週みんなと顔を合わせておしゃべりすることが楽しい」「大笑いして、いい汗を流すことがいちばん」と、メンバーはいいます。活動日は、ダブルスの試合形式で練習していますが、コートを走り、鋭いショットを決める場面もしばしば。中には、個人的に試合に出場して腕を磨くメンバーもいるそうで、皆さんなかなかの腕前です。時には、会費の余剰分でランチを楽しむなど、コート外でも仲良しのメンバー。コートはシャトルを打つ小気味良い音と笑い声に包まれていました。

40~70代までバドミントンを楽しむメンバー

  • ペアを決めるジャンケンも楽しそう

  • ダブルスの試合形式で練習

  • 動きも軽やかにシャトルを打ち返します

  • 無理せずバドミントンを楽しむメンバー

  • 最年長のメンバーの軽快な動き

  • 試合の合間にもおしゃべりの輪が広がります

  • ハイレベルなメンバーの腕前

  • 目標は「大笑いしていい汗を流す」こと

三重県尾鷲市バドミントンサークル『シャトルズ』

  • 創立:1977年ごろ
  • 会員数:9名
  • 活動日:毎週金曜日 9:00~12:00
  • 代表:松下不二子さん
  • 連絡先:松下さん(0597-22-4608)
  • 活動場所:体育文化会館