三重のサークル紹介

苔テラリウム講座(尾鷲)

苔に癒やされる グリーンインテリア

「テラリウム」とは、容器の中で植物を育てるものですが、今「苔」に特化した「苔テラリウム」が、グリーンインテリアとして人気を集めています。そもそも苔は、土がなくても育つことから清潔で、日光が少ない場所でもOK、さらに成長が遅いことからメンテナンスの手間もあまり必要としないことなど、魅力もいっぱい。小さな瓶などの中に独特の世界を描き出すことができる癒やしのインテリアなのです。この日は、中央公民館で午後と夜の2回講座が開かれ、子ども連れのママから年配の男性までたくさんの人で賑わい、人気の高さを伺わせました。日本にはおよそ1700種の苔があり、尾鷲周辺には732種におよぶ苔が自生。沖を流れる黒潮と紀伊山地がもたらす年間3800㎜もの降雨量と年間平均16℃という温暖な気候などから尾鷲は苔の生育に適した環境といわれています。今回の講座は、そんな身近な苔の魅力を知ってもらおうというもの。「苔がかわいい」「どことなく癒やされる」と参加者は口々に話していました。小さな苔が独特のアートをつくる「苔テラリウム」の人気はますます高まりそうです。

人気上々の『苔テラリウム講座』

  • 苔の魅力をあらためて実感

  • 思い思いに苔テラリウムづくりを楽しむ皆さん

  • 誰でも気軽に楽しめることが魅力

  • 細かこどもから大人まで幅広い人が講座に参加な作業に集中

  • 自分だけの作品づくりに夢中

  • 「意外と簡単」と参加者

  • 苔だけでなく、石やオーナメントも使ってレイアウト

  • 小さなガラスポットのなかに広がる夢の世界

  • おしゃれなグリーンインテリアに

三重県尾鷲市苔テラリウム講座

  • 会員数:20名
  • 活動場所:尾鷲市中央公民館講座