県民共済について

暮らしの保障を必要とする人々が創る「助けあい」の輪

県民共済は「誰もが真に必要とする掛金負担の小さい共済」をめざして、独自の様々な仕組みを考案し、
1973年に消費生活協同組合が行う共済制度として誕生しました。
その後、1982年には、全国展開を開始し、
今では都民共済(東京)、府民共済(京都・大阪)、道民共済(北海道)、全国共済(神奈川)を含め全国40都道府県で事業を展開し、
すべての共済の合計では2,110万件(2018年3月末現在)の加入に支えられる助けあいの共済となりました。
なぜ、これほど大きな共済に成長できたのか、県民共済の仕組みについて、改めてご説明いたします。
掛金を小さくできる理由 保障を大きくできる理由 共済金を早く支払う理由 剰余金を還元する理由 健全経営好決算の理由